喪服を着るときのマナー

冠婚葬祭のイベントの中でも、お葬式はいつ入るかわからないため、突然のことに慌てないように日頃から喪服や靴などを準備しておく必要があります。制服がある学生のうちは制服でよいので、大学入学時か社会人になったタイミングでそろえておくとベターです。喪服には、本来遺族が喪に服していることを示すもので、正式と略式があります。正式はモーニングや和装で、略式はブラックフォーマルなどです。参列するとき、正式のほうがよいように感じられるかもしれませんが、遺族より格が高い服装になるのはふさわしくないため略式の服装をするのがマナーです。また、訃報が入った後は、仮通夜、通夜、葬儀と式が続くわけですが、この場面ごとにも注意しなければならないことがあります。仮通夜に喪服でいくと、前もって準備しておいたように受け取られるため、地味な平服で行くのがマナーです。通夜も本来は取り急ぎ行うという性質があるのですが、現在ではブラックフォーマルで行くのが主流となっているので要注意です。

全優石認定店

静岡県でお墓を購入するなら

和婚なら想い出結婚式

家庭教師のファミリー 評判について

フジ住宅 裁判について